小学生の勉強法

TOCの質問箱 NO.1 「イメージ思考」・「絵で解く算数文章題」って何?

投稿日: 更新日:

質問箱NO.1     ●「イメージ思考」・「絵で解く算数文章題」って何?

●例題 : マッキーとラッキーは おちばひろいを しています。マッキーは3ぽ あるくたびに 2まい、ラッキーは2ほ あるくたびに 1まいの おちばを ひろうことができます。では、2人あわせて ちょうど14まいの おちばを ひろうには なんぷん かかるでしょう。2人とも あるく はやさは 1ぽで 1ぷん かかります。2人は いっしょにスタートします。

文章題を読み、状況を自分なりに絵にしていきます。情報を整理し、具体的に「目で考える」ことの練習です。4年生以降では計算がある場合、必ず式と筆算を書かせます。ノートは、あくまでも視覚化のツールとして使用しますので、見た目の美しさにはこだわりません。また、考えの道筋を残すため、消しゴムは使用しません。答えが出たら丸付けをして、正解不正解に限らず、考えの道筋を一緒に再確認します。場合によっては、間違いの原因を指摘し、解き方のアドバイスや別の解法の紹介も行います。

ここで重要なのは<答えが出たか出ないか>や<正解か不正解か>ではありません。本人が自力で絵を描き、ていねいに具体的に目で考え、悩み工夫する、この過程そのものが重要です。この過程を体験することで、応用が利くオリジナルの思考過程が作られます。考え方や式をこちらから教えることやヒントを出しすぎることなどは、全て試行錯誤の機会を奪うことになりかねませんので、極力控えるように心がけます。解けなかった問題は子どもにとってのお宝です。ストックしておいて、時機を見て再度チャレンジしてもらいます。

教材は「どんぐり倶楽部」の「良質の算数文章題」です。単なる複雑な文章問題ではありません。全教科の土台となる力を養成できる素晴らしい教材です。この教材の素晴らしさは、実際に使用された方のブログやHPをご覧になっていただいた方が、私のつたない文章より参考になるかと思います。

●「なぜ先取りをしないの?」

進学塾や学習教室では1・2年先の内容を学習する、いわゆる“先取り学習”が一般的ですが、TOC徳塾では先取りを一切やりません。先取り学習の最大の問題点は“小学校での学習の意味が失われてしまう”点です。授業はわかりきった(と本人が勘違いしている)ことの退屈な繰り返しとなり、宿題は“すでに出来ることを何度もやらされる面白みのない作業”と化してしまうのです。子どもが勉強嫌いになり、小学校の先生が進学塾を目の敵にするのも無理はありません。しかし、TOCで学ぶイメージ思考は、小学校の授業の意味を奪わず、それどころか更に有意義なものにしてくれる内容になっています。もう1つ、以下の例題をご覧下さい。

●例題 : おほしさま1こと えんぴつ3ぼんを こうかんしてくれる おみせがあります。えんぴつを 15ほん もっていくと おほしさまは なんこもらえますか。

これは年長~小2くらいの子どもが解く問題で、わり算の要素が含まれます。計算ができても意味が体験的に理解できていないため、わり算を使いこなせない子どもは山ほどいます。(例えば10÷0.5の意味。)
この問題を解く際に、÷という記号や意味は教えません。絵に描くことさえできれば、式など使わずに解くことが十分可能です。わり算を習う前にわり算の考え方を、体験的に充分しみこませるのです。具体的作業が基本ですから、数字が大きい問題では少々大変な思いをしますが、それでいいのです。こういった準備をしておくと、小学校で15÷3という式を習った時に、「あっ、これを使えばあの難しかった問題も簡単に解けるなあ!」と抽象化することの便利さに感動を覚えることすら可能です。わり算の意味や使い方の説明も興味深く聞けるでしょう。無味乾燥な計算問題をやらされてきた子が、計算手法にだけ目を向けて「もう知ってるで・・」と、考えるチャンスを逸してしまうのとは対照的です。
これを準備学習と呼びます。先取り学習と一見似ているようでも、全く効果が異なります。小学校の授業時間の長さと宿題量を考えた場合、この差の積み重ねは後々取り返せないくらいの大きなものとなります。「イメージ思考問題」で行う“準備学習”であれば、小学校の授業を最大限に有意義なものにできるので、“週1・2題程度の文章題と少量の宿題”で十分な学習効果をあげることが可能なのです。

広告

TOCの質問箱 NO.0「TOC徳塾ポートアイランド教室・小学生個別授業って何?」

投稿日: 更新日:

質問箱NO.0    ●[TOC徳塾ポートアイランド教室・小学生個別授業]って何?

26年にわたって、ポートアイランドで教室を開いてきましたが、“考える力”の乏しい子たちがどんどん増えてきています。今では少子化とともに、小学生高学年では一斉授業などできない状態です。かつて、「落ちこぼれ」という言葉をよく聞きましたが、最近あまり耳にしなくなったのは、それが無くなったからではなくて、むしろそれが蔓延し常態化してきたからなのです。中学生のどの学年も、テストで10点代の子などザワザワいます。方や、進学塾で異常に知識だけを肥大化させた子もいます。そもそも[TOC徳塾森北自然教室]は、このような状態を前にして、私が教育の現場で持ち続けた「根本的な学力差がつく小学生時代に、真に取り組むべきことは何だろう」という問いが、「イメージの操作=思考力」を鍛える“イメージ思考問題”を解く、という答えを得た結果、生まれた教室です。そして、ポートアイランド教室の一斉授業小学生部を閉鎖したのです。ところが、その矢先に、ご両親共々来室されて、本山校や森北教室のイメージ思考の授業をメインに、ここでも開いて欲しいと強く希望された結果、今回あらためて森北教室の形態での個別指導を始めることになりました。年長児や小学生低学年では、そのまま入って行きやすいのですが、高学年になってしまうと、その子のそれまでの経緯から矯正期間が長くなる子も出てきます。そのため、高学年では「考える力」のチェックテストをした上で、納得していただいての入会という形をとりたいと思います。現在、始めている子もいるのと、少人数制なので一緒に学習を進めていけなくては双方とも困るからです。

算数・数学は、得意と苦手がはっきり分かれやすい科目です。さらに学年が上がるほどに、さしたる努力をせずとも応用問題までスラスラ解ける生徒と、繰り返し演習を重ねても一定レベル以上の問題になると手も足も出なくなる生徒と極端に分かれていきます。同じように教えても、吸収力に大きな個人差があるのはなぜでしょうか。たくさんの子どもたちを長年にわたって観察し続けた結果、私はこの差を12歳までの “学習面での土台作り“の差だと考えています。そしてこの土台とは、よく言われる“読み書き計算”ではなく、“考える力”であると確信しています。

[TOC徳塾ポーアイ小学生個別指導教室]は、算数を教える教室ではなく、算数を使って“考える力”をつける教室です。ただの「できる」先生ではなく、「分かっている」先生として指導するつもりです。先取り学習や徹底反復や丸暗記はしません。以下の指導方針をぶらさずに指導目標を達成します。
「学習を強制しない」自ら学びたくなる教材と環境を準備して、学習意欲を引き出す努力をする。考える楽しさ・学ぶ楽しさを伝える。
「目先の結果を求めない」ゆっくりじっくりていねいに、一生の財産になる力(とことん考え抜く力)をつける指導をする。
「考える方法を体得させる」ことで「考える楽しさを体感させる」それによって「とことん考える力をつける」

小学生時代に土台を強く大きくしっかり作ること、そしてそこに積み上げていく楽しさを体感させることに成功すれば、あとは“子供たちが壮大な建築物を自主的に作っていくのを、親は信頼して見守るだけ”という理想を実現できるはずです。

生活様式が日常的に工夫を要求していた時代と違って、子どもが自分で工夫する環境を奪われている現代は、考える力が自然には養成されにくくなっています。ですから「受験は先の話だから塾なんてまだ考えてなかった・・・」という方も、ぜひ検討していただきたいと思います。

「そうは言っても、遊ぶ時間を奪うようでかわいそうな気がする」という方へ⇒遊び以上に楽しく有意義な学習とは・・・詳細は「TOCの質問箱NO2」へ
「早い時期にやらせすぎるのも、あまり良くないって聞いたけど・・・」という方へ⇒すくすく伸び続ける子に育てるポイントとは・・・⇒詳細は「TOCの質問箱NO3」へ

他、ご質問やご要望などございましたら、些細なことでも構いませんのでお問い合わせ下さい。
[TOC徳塾ポーアイ小学生個別指導教室]は、少人数制(同一時間の定員が5名)の個別指導教室ですから、直接ご要望をお伺いできれば、保護者の方の考えを反映させた指導が可能です。

私にも3人の子どもがいます。3人とも私の考えを実践して、進学塾に頼らず国立のドクターの道に進みました。幼児期からの拙い子育ての経験も、お伝えできると思います。これからも、保護者の方との二人三脚で、お子様の才能が開花していく際の感動を共有させていただけたら、これほど嬉しいことはございません。
どうぞよろしくご検討お願いいたします。

帰国子女入試の対策に関連して   作文力をつける

投稿日: 更新日:

 

 

 

帰国子女入試の対策に関連して

                                                                      平成21年9月10日

 

作文力をつける

 

帰国子女枠の作文入試

帰国子女枠での作文入試では、作文によってその生徒の基礎学力を見るとともに、家庭における教育力を見るねらいもあるようです。

海外生活を経験していない子と比べると、大きな違いがあるのですが、帰国子女同士のあいだでは、海外生活で何を経験したかということは、子供によってそれほど大きな差があるわけではありません。

しかし、その経験がその後の自分の人生にどう生きているかという価値的な部分は、そういうことを考えたことのない子には書けません。
しかし、そのような考えを子供が自然にするようになる年齢は、もっとずっとあとです。そこで、家庭でその経験を話し合う必要があるのです。
帰国子女ですから、日本語の表記力そのものはそれほど厳しくは問われません。もちろん、誤字・脱字は減点対象です。しかし、考える力そのものは、何語で考えても自然に出てきます。日本語で深い考えができない子は、英語でもほかの言葉でもやはり深い考えはできません。
その考えは、主に両親との対話の中で育ちます。帰国子女入試で作文対策をする場合、まず家庭でいろいろなテーマについて話し合う習慣を作っていくことが大切です。

作文の書き方のコツ その壱

「読む力をつける」

作文を書く力は、読む力に比例しています文章を読むのが得意な子は、自分の書く作文にも自然にふだん読んでいる文章を生かすことができます。反対に、読む量の少ない子は、作文を書く練習だけ続けてもなかなか文章力は上達しません。
作文力をつけるためには、遠回りのようですが、まず読む力をつけることが大切です。しかし、ただ単に文章を読むだけでは、それを作文に生かすことはできません。入試の課題として出される作文の多くは、説明文や意見文です。したがって、読む文章も説明文意見文を中心にしていく必要があります。

そのためにも、論理的に文章を読む力が絶対的に必要となってきます。

今 の小学校では、この点を強く意識された授業は行われてはいません。さまざまな家庭環境(対話・読書・家族の興味・関心等)の違い、それらが積み重なって培 われてきた基礎能力の違いがあまりにも大きくなっていて、高学年となるほど、一斉授業では高度で微妙な調整を必要とする内容を展開することは物理的に不可 能な状態となっているからです。

TOCでの「論理力を鍛える」の個別授業を最重視してください日本語を論理的に読むための読む力、考えるための読む力、答えるための考える力・書く力を養っていきます。

今 年、TOCの六甲高校生が、神戸大学文学部に後期合格しましたが、後期入試はセンター+論文だけです。もちろん、このTOCの勉強法で合格を果たしたので す。また、今年卒業した赤澤先生も神戸大学発達科学部の後期入試でセンター+論文で合格しました。さらに、旧帝大の九州大歯学部に合格した私の次男もセン ター+英語論文・日本語論文で合格しました。実績としての例はいくつもあります

そして何よりも、この論理力は作文の力だけでなく、すべての科目を支える力となるのです。いわゆる、国語力・読解力・思考力・応用力等いろんな表現をされていますが、根本はこれです。だから、大学入試から中学入試とレベルは違っても、進めるステップは同じです。

小学生は、読む力を付けた後は、説明文や意見文の多い文章として、教科書、小学生新聞、国語の問題集などを、毎日時間を決めて、読む練習をしていきましょう。ポイントは音読です。

作文の書き方のコツ その弐

 

「書き慣れる」

小学校高学年の生徒は、学校でも作文を書く機会が減ってきます。そのため、指定の時間に必要な字数までを書き上げられない子もかなりいます。

少し技術的ですが、速く長く書くためのコツは、一つには書きながらたびたび読み返さないことです。始めに、しっかりと作文構成をしたあとは、論理的なつな がりを考えきっちりと書いていきます。読み返すのは、作文を全部書き終わってからです。書いている最中に読み返す子は、すぐに消しゴムを使って直したがり ます。消しゴムを使って書き直すと、文章を書くスピードが極端に落ちます。書いてすぐ直すような書き方ではなく、直す必要のない文章を最初から書いていく習慣をつけることです。
文章を書く練習は、ほかの勉強よりもはるかに負担の大きいものです。家族が協力して、定期的に文章を書く時間を確保してあげる必要があります。

作文の書き方のコツ その参

 

「親子の対話」

中学入試の作文には、家庭の文化が反映します。ふだんから、家族でいろいろな会話をしている家庭では、作文にもその雰囲気が出てきます。
子供の生活経験はまだ幅が狭いので、父親や母親が、その経験を広げてあげる必要があります。例えば、「小学校時代に印象に残ったこと」というテーマで書く場合、子供は単純に、印象に残ったことを書きます。このときに、父親なり母親なりが自分自身の経験をもとにして、小学校時代の経験がその後の人生にどうつながったかを話してあげると、子供の視野は広がります。
小学生で読みごたえのある感想を書ける生徒は、例外なく家庭での会話が充実しています。毎日の夕食の時間に話をする時間を取るのが難しければ、土曜日や日曜日の夕食の時間に、ニュースなどを話題にして話をする習慣をつけていきましょう

その際に大事なことは、子供の意見を聞いてあげることではありません。親が自分の考えをどんどん話してあげることです。やがて、子供も自分なりに自分の考えを話すようになってきます。

我が家では、私の仕事柄、平日は全く子供と顔を合わせることができなかったので、3歳ごろから社会科ノートを使って絵日記で、3人とも以降4年生まで交換日記を続けていました。いやー、大変でした!

 

読むことと書くことを結びつけた作文の教育

作文指導は、読む練習と書く練習が密接に結びついています。
読む力をつけることによって書く力が伸び、書く力をつけることによって更に深く読むことができるというのが、「論理力を鍛える」の特徴です。
私たちは、受験に合格するためだけの読書指導や作文指導ではなく、子供たちの将来の人生に役立つような日本語の指導をしていきたいと思っています。

実際に、作文の勉強は他の勉強よりも精神的なエネルギーを必要とします。夏休みの読書感想文の宿題がなかなか書けなかった経験を持つ方も多いと思います。作文を書くことは、問題集を解くこととは違う集中力を必要とするのです。文章読解能力としての基礎力養成の最終形となります。

 

公立中高一貫校での作文入試

公立中高一貫校の入試や、公立高校の推薦入試さらに大学でのAO入試・後期入試などで、作文能力のウェイトが高まっています。これは、科目成績とは別の尺度で受験生を評価しようとすると、どうしても文章を書かせるような問題が中心にならざるを得ないからです。
しかし、これらの試験の内容は、特に中学・高校推薦入試では、どこに評価の基準があるのかはっきりしません。形式的な書き方というのはもちろんあります。しかし、内容で優劣をつける明確な基準というものははっきりしていないのです。

実は、これはやむを得ないことなのです。作文入試は論文入試とは異なるからです。問題の論文から論点を見つけて、通説・反対説を挙げ、自説の妥当性を理由づけていくというのが論文の基本的な型です。ところが、作文はあくまで主観を展開していくものです。この開示された主観としての作文の試験で、主観の内容に対して、明確な評価の基準を出して、その採点結果を公表しようものなら、混乱することは目に見えているからです。思 想の統制になりかねない。したがって、作文の評価で客観的に公開できるものは、誤字と字数ぐらいとなるのです。それ以外の、構成・題材・表現・主題など は、採点者による個人差があまりに大きいために、客観的な評価というものは,よほど上手下手がはっきりしているもの以外はあり得ないからです。

しかし、だからこそ、対策がとれるのです。採点者の個人差が大きいといっても、文系教員としての知的従事者の公約数的共通項はあるからです。

ここではこれ以上細かく書けないので、以降は授業で展開します。
これらを踏まえて、まず第一に、作文試験で大事なことは、誤字をなくして、字数をいっぱいまで埋めるということになります
作文試験をする学校によっては、短時間に大人でも書き上げることが難しいような長い字数の作文課題を課すところがあります。これは、作文の内容よりも、 まず字数で大部分の足切りを行っているのだと考えられます。短時間で長い字数を書く力は、確かに作文の実力と高い相関がありますが、字数だけでほとんどの 採点をしてしまうというのではやはり問題があるでしょう。ただ、そういう学校もあるそうです。

ところで、800字程度の文章で1〜2ヶ所誤字のある生徒が、誤字の全くない文章を書けるようになるには、1年ぐらいかかります。誤字というと、簡単に直せることのように思われがちですが、実は、表面に表れた誤字は、その下にあるその人の膨大な誤字の蓄積の反映なのです。しかも、誤字の多くは、本人にとって自覚されていないという問題があります。誤字は、実際に書いて間違えたものを一つずつ覚えていくような勉強の仕方で直すしかありません
さて、誤字がなく、字数もいっぱいまで埋められる人は、どこに注意をして作文を書いていったらいいのでしょうか。
人間の評価には、不思議な特徴があります。それは、全体的によく書けている文章よりも、どこかに光る場所がある文章の方に高い評価を与えがちだということです。反対に、どこかに誤表記があると、それだけで全体の評価は実力よりもずっと下がります。つまり、全体に90点の文章を書くよりも、全体が80点で一ヶ所100点のところがある文章の方が評価は高くなることが多いのです

特に印象に残る1ヶ所は、結びの部分です。上手な作文は、途中が上手であるよりも、結びに光る表現があるという特徴を持っています

結びを上手に書くコツは、小学生の場合は一般化した形で感想を書くことです。中学生以上の場合は、自作名言を入れて意見を書くことです。いずれも考える力が必要なのですぐにはできないかもしれませんが、これから作文試験を受ける人は、このことを心がけていきましょう。

これ以降の具体的な対策は、授業ですすめます。

おすすめBOOK

 

ちびまる子ちゃんの作文教室>

(貝田桃子著)

これは、楽しく読める本です。ちびまる子ちゃんの漫画が理解を助ける形で、わかりやすく書かれています。子供がこの本を自分でどんどん読んでいき、作文 や国語の参考書代わりに使えるような形になっています。作文の書き方だけでなく、手紙の書き方、俳句の書き方、新聞の書き方、感想文の書き方、敬語の使い 方など、文章を書くことに関する国語の知識が幅広く説明されています。内容はバランスよく密度も濃いので、子供向けの国語作文の知識に関する良書と言って もいいと思います。

 

<書く力をつける>

(樋口裕一著)

小学校低学年向けの本なので、作文の本というよりも、言葉の使い方に対する問題集のような内容になっています。問題集と割り切って順番にやっていくと、国語の勉強になると思います。