小学生の勉強法

絶対学力 NO.18  どんなに外遊びをたくさんしても、<高度な>思考力は育ちませんよ。

引用 投稿日:

このブログでは動画の再生ができないので、どんぐり倶楽部のブログ等でご覧ください。申し訳ありません。

【どんぐり倶楽部…文責:糸山泰造】
■勘違いしてはいけませんよ!
…どんなに外遊びをたくさんしても、<高度な>思考力は育ちませんよ。また、思考の<忍耐力>も育ちません。…だ・か・ら、ワザワザ700題もの算数の文章問題を,年長さんから小6までの7年をかけて思考回路網を育て上げる仕組みを作ったのですよ。
<外遊び>をしているだけで,高度で忍耐強く考えることが出来る思考回路網を育てられるのなら,世界中から学校そのものが無くなっています。外遊びで養成できるのは「整理学習前に必要な<原形思考回路>」程度です。それでも、遊び方・種類・集中度等によって大きな幅がありますし,メモリが異常に大きいか,あるいは視覚思考Visual Thinking(Picture Thinking)を体得している場合(天才の条件)は,別次元ですが,普通は「手のこんだイタズラを考えつく」程度です。
■すべきでないことはしない。すべきことはする。両方揃って<基本>です。両輪揃って車は直進できるのですからね。

以下はどんぐり学舎から引用

質問の内容は
「小3,小1の子。小3の子は、小2の途中から学校に行きたがらなくなり、勉強が嫌い。どんぐりやらせようかな」
糸山先生、いきなり回答
「やらせようかな、じゃない。やるしかない。何もしないでいいわけない」
質問したお母さん、今まで、いっぱい悩んで、苦労しましたね
せっかく丁寧に育ててきたのに、学校に入ったタイミングで、お子さんは心を閉ざしてしまったんですね
糸山先生の回答は辛辣に聞こえるかもしれません
でも、
状況を変えたいなら、受けとめるしかないんです
私も相談を受けることや、状況を聞くことが多いです
ただの友達だったら「うんうん、そうだよね、わかるわかる」って共感して、慰めて、「大丈夫だよ」って励ますでしょう
本当の友達だったら「どうにかしよう」って背を押すでしょう
そして、「友達」とは違う、私の立場から相談者に何か言う場合、
やはり、糸山先生と同じことを伝えるでしょう
相談者「宿題はやらなくていいって言ったんですけど」
糸山先生「やらなくていいんじゃない、やってはいけないんです。」
極論なんです
でも、糸山先生が言いたいのはその事柄以前のことで、
「そのために、両親揃って学校の先生としっかりと約束をするんです」と
「そして子どもとちゃんと話す。納得するまで話すんです」
それをしてきたのかどうか?
という部分です
相談者「外遊びをしていれば12歳までに思考力が育ちますか(学校に行かなくても、という意味を含むかと)」
糸山先生「育ちません。外遊びで育つのは基本だけ。いわゆる準備学習。準備学習をたくさんした上で、整理学習が必要、そうじゃないと、思考力は身につかない。どうにか生きていく力は身についても、楽しむために工夫して生きる力(学力)は育たないんです」
これは、声を大にして言いたいのですが、
多くの現代の子どもたちには「準備学習」が足りません
自然な遊び(大自然じゃなくてもいい)、自分の手で操作するいろいろ、自分の頭を使ってするいろいろ、生活の中で、遊びの中で、たっぷり経験した上で、学校に入ると、整理学習が始まるのです
準備学習が不足した状態で整理学習を始めても、全てはいきなり抽象的で、数式のロマンチックな部分も、文字や漢字、言語の奥深さも、楽譜から音が聞こえるのも、味わえないのです
要するに、楽しめない
だから学校の勉強が苦痛になるのです
かといって、「準備学習」だけしかしなかった場合(外遊びや自由な遊びばかりの場合)、得た経験を形にする方法を自分で探すのはなかなか大変です
もちろん、保護者がそれなりの導き方ができて、「学校ではない場所」でも師が導けば、それが整理学習となることもあるでしょう
本を読んだり、映画を見たり、いろいろな人と出会って話をしたり…
学校に行くことだけが整理学習ではないのです
でも、ほとんどの人が無条件で、ほぼ無料で通える学校が、
まちがいなくそこにある整理学習の場であることは間違いありません
糸山先生の話し方が、突き放すように聞こえる方はまだまだかも(笑)
私には、愛情溢れる最高の助言にしか聞こえません
変かな

じゃあ、また。

広告

絶対学力 NO.21 「考える力」を育てる <アインシュタインの方法>

投稿日: 更新日:

TOCイメージ思考問題の原本「どんぐり倶楽部」の主催者・糸山 泰造先生の著書「絶対学力」を掲載していきます。

 

「私の場合、最初に重要なのは視覚的要素であって、従来の言葉や記号を苦心して見つけ出すのは、第二段階にすぎない」

アインシュタインの言葉です。彼は自然に「目で考える」ことを知っていたのです。

彼は26歳の時に「特殊相対性理論」を発表し、34歳で「一般相対性理論と重力の理論」を発表しました。ノーベル物理学賞を受賞したのは43歳のときです。ところが、天才と言われた彼の脳は平均的な脳と比較して170グラムも軽く、前頭葉のシワも少なかったので、大脳の研究者たちは説明に困りました。

そんな時、ベルナール・バッテンという大脳生理学者がアインシュタインは視覚的思考をしていたという論文「メモリー&メンタルイメージ」(1973年)を発表しました。この論文は「目で考える」ことを知らなかった人々にとっては驚きでした。アインシュタインは「目で考える」ことによって限られたエネルギーを、「考える」という行為のために最大限に活用していたらしいのです。

人は自然に目で考えているのですが、その重要性に気付いている人は意外に少ないようです。私たちは、友人に自宅の位置を教える時によく地図を使います。これこそ「目で考える」ことの代表例です。設計図も同じです。設計図に書かれていることを言葉だけで伝えようとすると、大変なことになります。それなのに勉強となると、この素晴らしい力を使おうとしない人が多いのです。これでは宝の持ち腐れではないでしょうか。様々なことを「目で考える」ようになると、格段に理解力や工夫する力がつくものです。ぜひ子どもたちに「目で考える」練習をさせてください。ただし、前述の通り、「だから、右脳教育」とはなりませんので御注意を。

絶対学力 NO.20 「考える力」を育てる <目で考える>ということ

投稿日:

TOCイメージ思考問題の原本「どんぐり倶楽部」の主催者・糸山 泰造先生の著書「絶対学力」を掲載していきます。

 

人は確認する時に、まず目を使います。それは見ることで多くの情報を瞬時に処理することができるからです。

さて、次の問題を絵図を使わないで解いてみてください。

(小2向き)

うさぎのピョンの耳は、ビョンの耳の半分[はんぶん]の長さです。ところが、バビョンの耳はピョンの耳の3倍[ばい]の長さです。くらべてみるとビョンとバビョンの耳の長さの違いは5cmでした。では、ピョンの耳の長さはなんcmなのでしょう。                                答え:5cm

(小4向き)

カレイのレイちゃんの誕生日に缶入りの小魚クッキーを買ってきて、缶ごと重さを量ったら139kg800gありました。このクッキーをみんなで3分の2食べてから、缶ごと重さを量ったら今度は59kg750gでした。では、このクッキーが入っている缶だけの重さはどれくらいなのでしょうか。             答え:19725g

決して難しい問題ではありませんが、頭の中だけで解くのは厄介です。ここで考えていただきたいのは、これらの問題を「絵を描かなくて解ける子」と「絵を描けば解ける子」の間に思考力の差があるのかということです。

確かに絵を描かずに解くには膨大なエネルギーを必要としますが、そのエネルギーの多くはイメージを頭の中に残しておくことに使われるもので、考えるために使われるエネルギーとは本質的に異なっています。「絵を描く」とは、この膨大なエネルギーを必要とするイメージの記録を手に任せることなのです。コンピュータにたとえて言えば外部的記憶装置を使うようなものです。こうすると、頭に膨大な余裕ができ、考えることに全エネルギーを使えるようになるのです。だから、わたしは子供たちに常に絵図を使うと楽に考えられると指導してきました。

下は先の問題の簡単な図解例です。(子供たちの絵はもっと楽しい絵です)。

いかがですか。文章を絵図として記号化すれば、ほんの少しの力で速く正確に処理できることが実感できると思います。頭の外に処理装置を置いて、頭は考えることに全力を傾けることができるというわけです。少なくとも高校入試まではこの方法で解けない問題はありません。

算数の文章問題(イメージ思考問題)を解くポイントは、

①絵図にする(数字なども書き込む)

②絵図を描いたら文章は見ないで絵図だけで答えを見つける

③答えの求め方が分かったら、そこで式を立てる

④式は立てられなくてもいいので、正確な絵図を描く

IMG_0684

絵図を見ていると式がなくても多くの問題は解けてしまいます。文字通り「目で考える」という学習で、文章問題が苦手という子や、計算問題しかしてこなかった子には特に効果的です。計算問題の中に文章問題はありませんが、文章問題の中には計算問題が必ず含まれています。したがって、算数は文章問題に時間をかけるべきなのです。昨今の言葉で言うと「右脳も活用した学習」といえるでしょう。

6年生向きの反射式プリントをしていた4年生の子どもに、前出の小4向きの問題をやってもらったことがありましたが、2週間経っても結局手も足も出ませんでした。その子は頭だけで考えて暗算で答えを出そうとしていたのです。解けるはずがありません。絵を描いてごらんと言って描かせたのですが、今度はその絵を使って考えることもできませんでした。挙句の果てには意味のない計算を何度も繰り返し、何度もいい加減な答えを持って私のところへやってきました。結局、自力では解けなかったので、絵の描き方と数字の入れ方を教えたところ、「・・・・・だから~~~するんだ」と一瞬で理解してしまいました。

 

 

絶対学力 NO.19 プロローグ <9歳の壁>と<9歳の落とし穴>

投稿日: 更新日:

TOCイメージ思考問題の原本「どんぐり倶楽部」の主催者・糸山 泰造先生の著書「絶対学力」を掲載していきます。

●この「絶対学力」のサブタイトルを、よく見て欲しい。<「9歳の壁を」をどう突破していくか?>です。・・・<どう突破>するかが、問題なのです。誰でも普通に<突破>するだけならできるんです。<どう>突破するのか。・・・そうです。絶対学力で突破するんです。・・・ね。最低の方法で突破するのか最高の方法で突破するのか。選択権は保護者にあるんです。

●親は「楽チンで<9歳の壁>を越えた」と思っていながら、子どもは「ドップリと<9歳の落とし穴)に落ちている」場合がある。もちろん親子でそんなことになっているとは微塵も思っていない。「絵図なんて描かなくても」あるいは「参考程度に描けば答えが分かるからいらないんじゃない?」なんてことを本気で思っている人たちである。例外なく<ご愁傷様>である。もう永久に9歳の壁は越えられない。落とし穴から壁を越えるのは不可能だからだ。可能でも気付いた時には12歳の思考の臨界期を越えているだろう。そこからの巻き返しはできない。

9歳前後で人間は具象思考から抽象思考に移行できるだけのデータベースを構築します。ですから、この時期には抽象思考ができるようになります。しかしながら、ここには落とし穴が待ち構えています。この年齢での言葉や理論(理屈)で考えることができる思考は非常に限られています。しかしながら、思考回路網は最長でも12歳までには作り上げられ、以降は刈り込みが始まります。すると、言葉や理論(理屈)を使わないで高度な思考を幼児・児童期に可能にするための方法が思考力養成の鍵であることが分かります。幼児・児童期の言葉や理論(理屈)はどんなに駆使して使いこなせたとしても直ぐに限界になってしまうからです。

●言葉や理論(理屈)で思考していた子供達は、複雑な課題を前にすると「もう考えることが出来ない・分からない」と思ってしまいます。ところが、常に明確な視覚イメージで(自分で描いた絵図を操作して)考えていると、この限界は感じることさえありません。それどころか、幼児・児童期であれば頭が柔軟な分、大人でも考えつかないような思考(視覚イメージ操作)を簡単にします。これが、本当の思考力養成です。視考力を活用した思考力養成が本格的に始動するのです。この方法での幼児・児童期の思考力養成は思考回路網作成そのものになりますし、大人でも切り口の多様化やヒラメキのキッカケになります。

●ところが、簡単な抽象思考が出来るようになると、この最も大切な視考力を活用した思考力養成を止めてしまう人(視考力を知らない人は論外)が出てくるのです。これが<9歳の落とし穴>です。抽象思考が出来るようになったから9歳の壁を越えたと思いこんでしまうのです。残念ながら、抽象思考は誰もが出来るようになるのです。そして、その時期が、<9歳の壁>の前にたどり着いたというだけのことで、越えてはいないのです。抽象思考が出来るようになっても、視考力養成に最も効果のある具象思考(絵図で考える:もちろん本当の物を使ってもいいのですが大変手間がかかります)を続けることが<9歳の壁>を越える唯一の道なのです。そして、思考回路網の刈り込みが始まる時まで視覚イメージの再現・操作を通して(視考力を活用して)思考回路作成を続けることが<9歳の壁>を越えることなのです。自動的に誰もが移行できる<具象思考→抽象思考>をワザワザ<壁>とは呼びません。<専門家>でも勘違いしている人がいるようなので書いておきます。

 

 

 

絶対学力 NO.18 ⑩ 「右脳教育」-脳は両方で使うためにある 【やってはいけない家庭学習ワースト10】

投稿日: 更新日:

TOCイメージ思考問題の原本「どんぐり倶楽部」の主催者・糸山 泰造先生の著書「絶対学力」を掲載していきます。

       【やってはいけない家庭学習ワースト10】

 

     ⑩「右脳教育」

          ・・・脳は両方で使うためにある

右脳だけでいいのなら左脳はないはずですし、左脳だけでいいのなら右脳はないはずです。つまり、考えるには両方が必要なのです。問題はそのバランスです。バランスよく同時に使う必要があるのです。

1981年にノーベル賞を受賞したスペリーというアメリカの大脳生理学者は、「左脳は言語をつかさどり、右脳はイメージをつかさどる」と言いました。そこで、例えば右脳を訓練すれば、記憶力が鋭くなる(直観映像化)、漢字や英単語を見ただけで暗記できるようになる(フォトコピー化)、20~30個の物を瞬時に数えることが出来るようになる(高速処理化)と言われています。脳には余裕がありますから、確かに「計算が速く(計算機能)」「直感像能力(複写機能)を持ち」「言葉を早く正確に覚えられ(録音機能)」「絶対音感(音叉機能)」がある子を育てることはできるでしょう。でも、そのような子供たちを天才と呼ぶのなら、マシンは全て天才になってしまいます。子供をマシンにすることを願う親がいるでしょうか。私には考えがたいことです。左脳教育であるにせよ、右脳教育であるにせよ、バランスが大切なのです。タイミングと同様に、いつもバランスを考えて子供の学習の手助けをしてやってください。

▽改善方法 

    ・・・算数文章問題 (イメージ思考)を取り入れる。

 文章問題を解くときには、

まず左脳を使って文を読み、

右脳と左脳で絵図を描き、

右脳を使って目で考え、

さらに左脳で立式し、

最後に右脳と左脳で計算する必要があります。

当然、片方の脳だけが働いているわけではありません。その意味でも算数の文章問題(イメージ思考)はバランスよく左右の脳を働かせるために最適なのです。

絶対学力 NO.17 ⑨-2 「親子学習Ⅱ」・・・次善の策-先生不在の場合 【やってはいけない家庭学習ワースト10】

投稿日: 更新日:

TOCイメージ思考問題の原本「どんぐり倶楽部」の主催者・糸山 泰造先生の著書「絶対学力」を掲載していきます。

       【やってはいけない家庭学習ワースト10】

 前回では、

     ⑨-2「親子学習Ⅱ」

          ・・・質問しない習慣ほど危険な習慣はない

▽改善方法 

          ・・・簡単なことでもできるだけ親が教えず、

        「連絡帳」や「添削ノート(直しノート)」を使って

        先生に質問する習慣をつける。

ということでしたが、今回は

▽次善の策-先生不在の場合

現実的には添削ノート(直しノート)などの学習方法にきちんと応じてくれるだけの力量を持った先生が身の回りに何人いるかは疑問です。そこで、次善の策として、質問する相手が「塾の先生」「家庭教師(個別指導の先生)」「親」の場合の注意点を書いておきます。

【塾の先生】

①テキストへの書き込みやノートの内容を親が確認する。

②まとめテストを利用して定着度を親が確認する。

③添削ノート(直しノート)を作らせる。ここで質問の記録を残しておくことが大切!

④先生に提出して添削を受けさせる。やってもらえなければ保護者自らが添削するか、転塾を考える。

⑤添削ノート(直しノート)だけを定期的に復習させる。疑問が出てきたら同じ部分でも必ず再度質問させる。

【家庭教師(個別指導の先生)】

①先生に進度表を作ってもらう (受験生は受験用の進度表)。

②予習をしておいて、自力で解けなかった問題だけを教えてもらう。

③復習時に少しでも納得できない部分は添削ノート(直しノート)に記録しておいて、次回に聞くようにさせる。親は質問の書き方がキチンとできているかを見てあげる。

④添削ノート(直しノート)だけを定期的に復習させる。疑問が出てきたら同じ部分でも必ず再度質問させる。

【親】

①問題集のまとめテストを利用して定着度を確認する。

②添削ノート(直しノート)を作らせる。ここで口頭ではなく質問の記録を残しておくことが大切(質問の仕方・書き方を教える)。

③親が添削する(必ずノートで分からせる)。

④添削ノート(直しノート)だけを定期的に復習させる。疑問が出てきたら同じ部分でも必ず再度質問させる。

 

絶対学力 NO.16 ⑨ 「親子学習」 【やってはいけない家庭学習ワースト10】

投稿日: 更新日:

TOCイメージ思考問題の原本「どんぐり倶楽部」の主催者・糸山 泰造先生の著書「絶対学力」を掲載していきます。

       【やってはいけない家庭学習ワースト10】

 

      ⑨「親子学習」

          ・・・質問しない習慣ほど危険な習慣はない

 

自分で自分の子供に教えることがいいことだと思っていませんか。

教えられるところまでは自分で教えたいと思っていませんか。

実は、高学年で学業不振に陥る主な原因のひとつは、

「低学年の時期に親が教えていたために、先生に質問できない子供になってしまった。」ことにあるのです。

 

よく小4前後の保護者から「もう教えられないなぁ」という声を聞きます。その度に、私はドキッとします。

その人の子は、最も学習習慣が付きやすい9年間の間に、

保護者によって「先生に質問しない習慣」を付けられているかもしれないからです。

「しない習慣」は見えないので意識されないことが多いのですが、この「先生に質問しない習慣」には要注意です。

 

なぜならば、先生に質問する場合には聞き方に工夫が必要だからです。

聞き方次第で先生から引き出せる内容は大きく変わります。先生は親のように一から十まで教えてくれません。

つまり、先生への質問には練習が必要なのです。

質問の仕方次第で教えてもらえる内容が変化するのは当然のことです。

そして、質問は学年が上がる毎に増加するのです。

 

▽改善方法 

           ・・・簡単なことでもできるだけ親が教えず、

             「連絡帳」や「添削ノート(直しノート)」を使って

             先生に質問する習慣をつける。