ニュースレター

ニュースレター NO.28 卒業式に出る

投稿日: 更新日:

先日、娘の卒業式に出席するためTOCをお休みさせていただいて、徳島まで行きました。私には子どもが3人いますが、卒業式に出席するのは最初で最後です。思えば3人で延べ18年間、医歯学部の私学にはとても行かせる経済力はありませんが、3人とも国立に行ってくれたてまえ、私たちもぜいたくをせず頑張らせていただきました。ご存知のようにどんぐり教室は経営が苦しいなか、彼らもアルバイトを続け、しっかり勉学に生活に頑張ってくれました。そして兄妹最後の娘も、おかげさまで大学病院で研修医として勤務することが決まりました。これで一応親の責任は果たせたかと、ほっとしています。

8CE02244-E12D-460E-87C6-7A7B93D6BF02

これまでいろんな生徒さんたちに、その時点での自分で最良と考えられる学習指導をしてきました。自分の子供たちを対象に幼いころから実験を兼ねていろいろと試行錯誤をしてきた内容も伝えてきました。その3人の子供たちにも、TOCでお兄ちゃん・お姉ちゃん先生として手伝ってもらったのもいい思い出です。

 

今回これはこれで、気持ちの上で一つの区切りとなりました。これからはどんぐり指導も含めて今まで培ってきたものを、今まで以上に生徒さんたちに還元させてきたいと思っています。これからも、どうぞよろしくお願いします。

ここまでいろんな方面で、いろんな方のお世話になりました。

どうもありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

 

8E1825A7-6F2A-4582-8754-5C27386DD445 (5)

じゃあ、また。

 

 

 

 

 

広告

ニュースレターNO.27  TOC同窓会

投稿日:

先日、小学生から高校時代までずっとTOCに通ってくれた卒業生たちが、TOCの同窓会を開いて私を招いてくれました。三宮で食事をして、おしゃれなバーでドリンクをごちそうしてくれました。2年前に続いて2回目です。時間が取れなかった前回のメンバーと多少入れ替わりましたが、みんな元気です。

CA1D2A81-1161-4C43-8B1A-0F186B519469 (3)
愛読マガジンを取り上げられお披露目

この学年は個性的なメンバーが集まり、小さな衝突を繰り返しながらも仲が良く、いまだに続いているようです。大学も卒業して社会人となって、しっかり頑張っています。職場での話や彼氏彼女の話を色々聞かせてくれました。小学生時代からの付き合いなので、その成長に目を見張ります。もちろんお母さんやお父さんが注がれた愛情や本人の努力に及ぶべくもありませんが、ほんの少しでも関りをもった私にとっては最高にうれしい時間です。この仕事をしていてよかったなと思う時でもあります。

富山市科学博物館(http://www.tsm.toyama.toyama.jp/)に勤務している先輩の竹中さん(写真の右後ろの人)がTOCの後輩だと言ってくれれば、プラネタリウムを触らせてくれるそうです。行ってみて!
1C3A53E2-D88F-4B43-AFF3-B64A9907653F (1)
富山市から来たTさんのお土産。ありがとう。美味しかった。

今までにも、結婚式に招かれたり、結婚式のビデオスピーチを求められたりとありますが、そこからは子育てが始まり出会うことは少なくなっていきます。やがて、子どもが小学生になって相談が来るようになります。そして親子2代で通ってくれる生徒もいます。30年以上TOCを続けているのでいろいろな付き合い方が出てきますが、学生時代から社会人になって結婚するまでの生徒たちが同窓会によく呼んでくれます。小学生時代からずっとパワーをもらいっぱなしです。ありがとう。

TOCは東灘区の森北自然教室に移ったけど、同窓会でなくて1人でも、また何かあれば話に来てください。先生はここにずっといます。

じゃあ、また。

ニュースレター NO.26 森北自然教室を修理・掃除片付けしています。

投稿日: 更新日:

前回ブログを書いてから随分と日時が立ってしまいました。ご無沙汰しています。皆さんはお変わりありませんでしたか?私は、めっちゃ元気でした。ただ、前回ブログに書いたように、ずっと、立ち止まっていたわけではなく(笑)、30年続いたポートアイランド校の移転や同

15787A0B-9FB5-4C27-8599-9A66236BBC62
本山教室の引っ越し中

じく10年以上の本山校の移転に伴う整理で超多忙の日々を送っていました。

そして、その前は2教室の内容を森北自然教室に集約するために、この教室の整理整頓、荷物の受け入れ態勢の準備に忙殺されていました。

さらに新しい子供たちを迎えるために、フェンスの修理やデッキ床の張替え等の大工仕事もやっていたので・・。と、たくさんの言い訳を並べたうえで、久々のブログ更新です。

というのも昨日突然、香港から受験で帰国されたお子さんと翻訳家をされているというお母さまが西宮からわざわざTOC森北自然教室を訪ねてこられて、「先生のブログの大ファンでほとんど全部読ませていただきました。」とうれしいことを言っていただいたからです。そうだった、こんなブログでも読んでくれている人がいたんだ。改めて思い、更新したわけです。(モット早ヨヤッテオケ!)忙しさにかまけて放ったらかしにしておりました。すみません。

昨年夏以降、もちろんいろいろなことがありましたが、これからぼちぼちと書いていきます。

まずは、今にも落ちてきそうだったフェンスの修理。

スライドショーには JavaScript が必要です。

自分が落ちそうでしたが、頑張りました。そして完成の図。1枚1枚剥がしては、測って、貼って、打ち付けて、休みの日だけで何か月かかかったかなあ。ネットのRoomClipに投稿したら好評価をうけました(自慢カヨ~)。

さらに、1階デッキ床の張替え。ここも子供たちが歩くと危ないので、しっかりと張り替えました。寒くなったので途中で中止していますが(奧ノ黒イマットマデデスナ)、春には再開の予定。すべて休みの日に、妻と2人の夫婦大工でやってます。

そして教室の外の駐車スペースはまだ引越しの荷物が満載です。寒いのでこれも放置。(エエ加減ニ片付ケロヨ~ン)

教室の中は、個別専門塾にしたので5名までのこじんまりとしたスペースに。

FCB010A3-4441-4278-AD25-49C52C783C94

と、こんな感じで新生TOC徳塾 森北自然教室は始まっております。

よろしくお願いします。

D7CB7B71-E9DA-4653-90EF-61C7CCCB1527

じゃあ、また。

 

久々のTOCのチラシ ニュース・レターNO.25

投稿日: 更新日:

 

  5年ぶりにチラシを作りました。

        ( 写真がちょっと若いですね。ヒゲもない。新しく撮ればよかったかな。誰も気にせんか。)
      ( 内容も肩に力入れすぎか。分かってもらえるかな。いつも同じようなことを思ってしまうなあ。)

これからご近所にポスティングしていきます。

 

チラシTOC

合格報告追記   ニュース・レターNO.24

投稿日: 更新日:

ポートアイランド校最後の卒業生のM君が大学入試を終えました。彼は高1を除いて、小学生からTOCに来てくれましたがイメージ学習はしておらず、学校授業の補習の形での参加でした。例のKもん式教室の経験者で3~4年やった後に来ました。完全に染まっていたので漂白と修正が大変でした。でもTOCでの授業を楽しんでくれて、いろんな?友達を連れてきてくれました。当時は集団授業なので、和気あいあいと私も楽しく授業をしていました.高2の後半、個別授業の形で再開しましたが、高3になってからは希望校も決め着々と準備をすすめていきました。センターも英語80%、国語75%、社会は現役の準備不足で思った得点には至らなかったものの、全体としてはまずまずと思える成績でした。私立経済学部希望です。

そしていよいよ受験本番を迎えることになるのですが、ふたを開けると3科目のうちどれか1科目がよくないという結果が続きます。社会がもう一つだったので頑張ると、今度は国語でミスをする。次は慎重にいくと英語で時間不足になってしまう。現役生ではよくあることと言ってしまえばそうですが、本人にとってはショックが続きます。食欲も無くなり、ガックリ来てそれでも勉強を続けている。私の立場ではもうこの時期は、最終チェックをして気持ちを安定させて励まして、何とか乗り切ってくれと祈ることしかできません。

そして結果、希望校はすべて不合格。残念な結果です。私も経験があります。辛いものです。私は1校受験だったので浪人することになりました。

 

しかし、彼は最後に、いわゆるスベリ止め校に合格しました。しかも授業料全額免除の特待生合格でした。4年間で四百数十万円。う~ん、どうなんでしょう。金銭に大きな価値を置く人にとってだけでなく、そこまででない人にとっても生活費の中からの授業料ですから、これは大きいものですよね。本人の希望も、教授陣や大学環境でなく偏差値や世評に乗っかって決めたぐらいのものであれば、大学で希望の経済学部の勉学を続けられるのだから、大差ないのかもしれません。お母さんは、戸惑いながらも喜んでいました。正直なところでしょう。私もLINEで報告を受けて、残念なのか、おめでとうなのか、まだ良かったなあなのか、何と言ったものかと書きました。

本人は受験期間中の苦労を思い出し、浪人はしたくないと、強く思っています。私もあの1年の辛さ(宅浪していたもので)を高2からの1年半かけて、しっかりじっくりていねいに言い聞かせましたし・・・(笑)。彼は今では早く入学して、取れる単位はすべて取る。1番前の席で授業を受けると、張り切っています。これはこれで良かったのではないでしょうか。受験を通じて、本人なりに一生懸命考えて努力して、苦しんで、人にやさしくなれて、頑張る気持いっぱいになれて。第一希望校に合格させることはできませんでしたが、やる気満々の春のスタートに導けて、私はよかったと思っています。

人生は一幅の絵。千の言葉でも尽くせぬドラマです。私もいろんな生徒の人生の一部に関わって、ほんの少しですがお手伝いが出来て幸せです。最近は、ちょっとしんどい時もありますが・・(笑)。

新しいスタート、おめでとう!

じゃあ、また。

 

 

合格報告   ニュース・レター NO.23

投稿日: 更新日:

久しぶりのブログ投稿です。ご無沙汰しておりました。まだまだ元気ですよ。

受験シーズンがやっと終わりいよいよ春到来です。受験生だったみなさんお疲れ様でした。緊張の連続だったでしょうね。喜びいっぱいの人も、残念だった人も、ちょっと休憩して、その後は反省すべきところは反省して、今後に活かして行きましょう。人生はこれからですよ。まだスタートしたところです。まだまだ、どんどん変わって行きます。この1年もしっかりやっていきましょう。

今回は、受験の結果について少し報告させていただきます。

小学校からTOCで、「どんぐり倶楽部の良質の算数文章題」や「お絵かき算数ドリル」「TOCオリジナルイメージ学習」を続けてきた子たちが、今年受験しました。

小学1年生からのF君は、大阪の清風中学校の理Ⅲに合格しました。おめでとうございます。

小学4年生からのMさんは、須磨学園高校のⅢ類と長田高校に合格しました。おめでとうございます。

2人ともに6年間TOCに来てくれましたが、共通していたのは、お母さんを始め家族の方々にしっかり支えられて、本人が一生懸命コツコツと継続した学習を維持し続けた点だと思います。1人では苦しいところがあっても、家族の支えがあれば乗り越えられる典型でしたね。TOCは、ほんのちょっとお手伝いしただけです。

おめでとうございます!

追加更新

国語の作文練習もしていたF君が、書いてくれました。写真が薄くて読みにくいですが、ここに掲載させていただきます。

img-3233.jpg

ありがとう。中学もしっかりやっていこう。

じゃあ、また。

 

期間限定:無料配布「最初に学びたい学習方法上・下」  ニュース・レター NO.22

投稿日: 更新日:

ドングリ倶楽部ホームページで、「良質の算数文章問題」を解くときの入門書となる「最初に学びたい学習方法 上・下」が期間限定で無料ダウンロードできます。ドングリ倶楽部やイメージ思考に興味のある方、始めたばかりの方、進め方に自信のない方、ぜひこの機会に読んでみてください。

『最初に選びたい学習方法 上・下』ダウンロードサイトへ