きのこ栽培教室に参加 in甲南女子大学里山林  ちょっと外に出てみたらNO.21

投稿日: 更新日:

IMG_0071

2月7日甲南女子大の奥にある里山林で、きのこ栽培教室に参加してきました。

シイタケやシメジなどのきのこ栽培自体は以前にも自分でやっていましたが、繁殖しすぎて遠く離したはずの自宅のデッキにまできのこが生えだしたので止めていました(笑)。

今回はTOCの生徒が誘ってくれたことから、近くの南女の冬の里山で子供達に囲まれながら、久しぶりに自然を満喫しようと出かけました(決して期待していたのではありませんが、日曜だったので、噂の南女美女たちはいませんでした。もちろん、見目麗しきお母様方は大勢いらしゃいました。はい)。

IMG_0051IMG_0060

里山の環境整備で出てきた間伐材のクヌギ(訂正:アベマキ)(これを作るのが大変!下準備ご苦労様です)に、まずはドリルで穴を開けます。その穴に今回は、シイタケ・ナメコ・ヒラタケ・キクラゲの駒菌をハンマーで打ち込むだけで作業は終了。後は寝かせて熟成させ成長を待つだけ。と、まあ簡単なわけですが、今日はそのあとにぶた汁と釜炊きのご飯で作ったおにぎりと名人作成のたくあん漬け、デザートに落ち葉焚きの石焼き芋と豪華メニューが待っています。

IMG_0069

焚き火の上で、湯気を上げながらゴトゴトと音を立てるぶた汁の鍋。冷たい頬に、うまそうな暖かい匂いが当たります。大した仕事はしていないのですが、腹がなります。IMG_0064

子どもたちはさらに上にあるツリーハウスに遊びに出かけました。

IMG_0067

お母様方は下で、焼き芋の準備をなさっています。

IMG_0065

久しぶりの固めのご飯も、ぶた汁もたくあんも、全て美味しくいただきました。お釜のおこげにぶた汁をかけたおこげぶた汁は一味違って、これまた美味しくいただきました。焼き芋も絶品。ごちそうさま。

のどかな日曜日のひとときを過ごせました。

星島さんはじめNPO法人あいな里山茅葺同人の皆様、ありがとうございました。心花ちゃん誘ってくれてありがとうね。

じゃあ、また。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中