絶対学力 NO.16 ⑨ 「親子学習」 【やってはいけない家庭学習ワースト10】

投稿日: 更新日:

TOCイメージ思考問題の原本「どんぐり倶楽部」の主催者・糸山 泰造先生の著書「絶対学力」を掲載していきます。

       【やってはいけない家庭学習ワースト10】

 

      ⑨「親子学習」

          ・・・質問しない習慣ほど危険な習慣はない

 

自分で自分の子供に教えることがいいことだと思っていませんか。

教えられるところまでは自分で教えたいと思っていませんか。

実は、高学年で学業不振に陥る主な原因のひとつは、

「低学年の時期に親が教えていたために、先生に質問できない子供になってしまった。」ことにあるのです。

 

よく小4前後の保護者から「もう教えられないなぁ」という声を聞きます。その度に、私はドキッとします。

その人の子は、最も学習習慣が付きやすい9年間の間に、

保護者によって「先生に質問しない習慣」を付けられているかもしれないからです。

「しない習慣」は見えないので意識されないことが多いのですが、この「先生に質問しない習慣」には要注意です。

 

なぜならば、先生に質問する場合には聞き方に工夫が必要だからです。

聞き方次第で先生から引き出せる内容は大きく変わります。先生は親のように一から十まで教えてくれません。

つまり、先生への質問には練習が必要なのです。

質問の仕方次第で教えてもらえる内容が変化するのは当然のことです。

そして、質問は学年が上がる毎に増加するのです。

 

▽改善方法 

           ・・・簡単なことでもできるだけ親が教えず、

             「連絡帳」や「添削ノート(直しノート)」を使って

             先生に質問する習慣をつける。

       

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中