MUSTではなくWANT の気持ちで TOCの窓NO.26

投稿日: 更新日:

  みなさんは、勉強や仕事をし始める時って、どういうふうに考えて始めていますか?
 もしかして、「勉強しなきゃ」とか、「仕事しなければ」というように、『〇〇しなければならない』MUSTと考えていませんか?
 こういう考え方だと、『自分は本当はやりたくないんだけど、義務だからやっている』という自己暗示がかかってしまいます 。
 このように『やりたくないけど、仕方なくやっている』と考えてしまうと、その行動は『不快』という感情に結びついてしまいます。
 この『不快』という感情に結びついてしまった行動というのは、続けるのがなかなか難しくなってしまうんです。
 darui_man
 わたしは、いろいろな人を見てきましたが、何かを継続してやっていて、それで結果を出している人というのは、 練習や勉強するときに、「どうすれば、もっと楽しくなるか?」とか、「どうすれば、もっと効率よくやれるか?」ということを常に考えて、頭を働かせています
 これに対して、先程の「〇〇しなければならない」のような義務感で勉強や練習をしているときというのは、基本的に頭が働いていません
 この気持ちの差が、結果に差を生みます 。
 今度から勉強や仕事をする時は、「勉強したいから勉強する」とか、「仕事したいから仕事する」(WANT)と、まずは嘘でも良いので考えてみてください(プラスの自己暗示)
 その後に、「どうすれば、もっと楽しくなるか」、「どうすれば、もっと効率的になるか」ということを工夫して考えてみてください。
 そうすればあなたの頭は働き出し、勉強も続くようになると思います。syukudai_natsuyasumi_girl

            MUSTから  WANTへ 

 義務でやっているのではなく、ゲームとしてやっている感覚を身につけて下さい。
そこまでいけば、結果も変わってくると思いますよ(^_^)
 じゃあ、また。

モリアオガエルとザリガニ採集 生き物がかりNO.19

投稿日: 更新日:

数年前、近くの山を散策中に聞いた鳴き声。モリアオガエルの声。

カエル好きのわたしは、当時モリアオガエルを求めて遠く西脇の森にまで足を延ばしていました。

それがなんと自宅の近くにいたことは、鮮烈な驚きでした。

森北の森、奥深く梅雨のこの時期だけに現れる大きな水たまりに、モリアオガエルがひっそりと産卵していました。

mv

(これはネットで見つけた写真で、今回のものではありません。)

各地でレッドリストに指定され、天然記念物にも指定されている地が多いのですが、兵庫県では絶滅危惧Ⅱ類とされています。しかし環境省のレッドリストには指定されておらず、個体数は安定しているとされています。

だが捕獲しても飼い続けるのはとても難しいです。ご存じのように、カエルは本来生きた昆虫類やクモ類しか捕食しないからです。これを与え続けるのが大変。3日も空くとみるみるやせてきます。

今までも捕まえては、夏の間必死にエサ取りに励み、秋になるとさすがに疲れて自然に帰していました。今回もその予定で、子供たちに見てもらったら返そうと思っていました。

IMG_2600

ここへは右手奥のがけを降りてきました。

人間が手を使わずに歩ける角度の限界は40度と言われているそうですが、ここは50度はありそうです。ほとんど滑って降りる感じです。棘のあるイバラのような木もありますし、もちろん道はないし、まるで猟場の道を行くようです。

今回は森北教室の小6のK太郎君と一緒です。彼は小1からTOCに来てくれています。

「先生。一緒に連れてって!」という長年のリクエストに初めて答えさせてもらいました。

ただ、彼は本人いわく高所恐怖症ということで、この窪地に降りてくるまでが騒々しかったのですが。よく頑張りました。

誰でも怖いよね、この急角度は。大変でした。

そのうえ下に降りても、この水たまりはイノシシのヌタ場になっており、独りで彼らに遭遇すると危ないです。

実際、危険なので小学生のよい子は、子供同士ではこないでね。

IMG_2598

5メ-トル伸びる釣り用のタモ網まで準備してきましたが、今日は山の中でも暑く、残念ながらモリアオガエルの成体は見つけられませんでした。

産卵は深夜の出来事なので、日中は木の葉の陰などで眠っています。

ただ雨上がりなどでは樹上でも低く下りてくることがありますが、今日はダメでした。

それでも特徴的な卵塊は古いものから新しいものまであったので、産卵は続いているようです。

卵塊は持ち帰りません。以前は持ち帰って孵化させました。オタマジャクシの間は植物食で楽なのですが、手足が生えて幼体になってからは、コバエのような小さいエサしか食べないので、大人のカエルより大変です。これも採集地にもどしました。

IMG_2596

IMG_2601

結局、1時間以上探しましたが、ザンネンということで、またいつの日か!

 

モリアオガエルが採れなかったときは、ザリガニ採りでもしようと約束していたので、一転尼崎のドブ川へ!

だが、かつてウジャウジャ採れたここも、全然いなくなっていました。どういうこと?

子供たちが楽しく採っている場所に大人のわたしがバシャバシャ入って行くのは気が引けるし、少し恥ずかしいので(ホント)、人がいなくてたくさん採れるところを発見しては採集しているのですが、どうもこの頃、川魚もそうですが2・3年でいなくなります。誰かが採り尽くしているのかなあ。いろいろ原因はあるのだろうけど・・・

IMG_2604

大きなものは2匹、小ぶりなものが2匹、稚ザリが5匹。稚ザリはドンコのえさに。ザリガニはこれだけ。

それにメダカの稚魚が3匹。

ウシガエルのオタマジャクシも採れたので、これはスッポンのエサに。デッカイね。

ウシガエルは特定外来生物に指定されているため、みなさん家で飼うことはできませんよ。

IMG_2602

日曜の昼から夕方まで午後いっぱい、しっかり遊びました。

最後に、ぶっかけうどんを食べに行って、解散でした。

K太郎君の感想

「めっちゃ冒険やった。これで楽しくない言う人がおったら、おかしいやろ!」

なんと、二重否定的婉曲的表現での強調ができるようになったんやあ。というのは置いといて。K太郎君おつかれ~。

先生も楽しかったよ~。

じゃあ、また。

 

 

成し遂げるためのプロセス(成功者の条件) TOCの窓 NO.25

投稿日: 更新日:


 勉強をやってもすぐ忘れてしまう。どうせ、やっても駄目だ。と言い訳をしながら、テレビを見たり、ネットサーフィンを繰り返したり、なかなか勉強を始めない生徒をときどき見ます。
 私自身、この年齢になってまだまだ途上にある身ですが、若い時から心がけていることがありました。
 『できると思うか、できないと思うか、いずれにせよ、あなたは正しい』という言葉があります。
 これはどういう意味かというと、 結局はあなたの信念が、あなたの行動を決めるということです 。
そして、あなたのとった行動が、あなたの人生を決めます。
 「自分には何かを成し遂げる能力がある」という信念を持っている人は、その信念が行動につながり、何らかの結果が出ます。
もちろん、ときには自分が望まない結果が出ることもありますが、そういう場合でも、その結果から学び、今度は違う方法を試してみます。
そうすると、前回とは違う結果が出ます。
 成功する人というのは、このプロセスを繰り返して、いずれは成功にたどり着きます 。
slump_good_man_study
 しかし、「どうせ、自分はダメだ」とか、「何をやっても自分はうまくいかない」という信念を持っている人は、そもそも行動を起こさないか 、一度や二度挫折しただけで、諦めてやめてしまいます。
それでは成功できるわけがありません 。
 幸いわたしたちは、自分の信念を自分の意思で選ぶことができます。
ぜひ、行動につながるような信念を選びとるようにしてくださいね(^_^)
じゃあ、また。

 

「レコーディング法」と「 直しノート」 TOCの窓 NO.24

投稿日: 更新日:

TOCでは、数学でも英語でも繰り返し「直しノート」の重要性を説いている。

どんぐり倶楽部では間違った問題のメモを「分からん帳」と言っているが、TOC式ではさらに工夫して、間違った問題をノート1ページの半分折りで左に問題、右に途中式・答えと先生からの注意書を書き込み、自分専用の問題集作りを「直しノート」としている。「直しノート」という命名も、親しみを持ってもらおうと考え、そのまんまの簡単にしたのである。

これを作り、何回も見直し続けた生徒の成績上昇率は抜群で、ミスもなくなりテストの得点は急上昇する。(ただし、思考力はイメージ式で付けましょう。)

自分ができなかった問題だけを繰り返し確認することで、理解が深まるからである。

さらに、ミスを記録し見返すことで同じミスを繰り返さなくなり、注意力がアップするからである。集中力や注意力は大幅に改善する。ケアレスミスの多い生徒も変わっていく。

当然、やり続ければの話である。成績の上がらない生徒、ミスの減らない生徒はこれが続けられない。軽く考えてしまうのである。こちらは、言い続けるのだが。これができるかどうかが早期に上がるかどうかの分かれ目。できない生徒はゆっくり。それもいいでしょう。でも、「直しノート」という名前が軽すぎたかな。

実は、2017年5月5日放送 19:00 – 21:49 フジテレビ その原因、Xにあり!でも放送されたのであるが、認知症改善の方法として実践されている「レコーディング法」と「直しノート」はミスをなくす点でその目的・効果がほとんど同じなのである。     以下、「若返りTV]参照。

その原因、Xにつき!認知症になる前のサインと注意力を改善するレコーディング法

認知症とその予備軍の人たちは増え続けていて、2025年にはあわせて1300万人を超すと言われている。この数値は、65歳以上の3人に1人の割合。そもそも認知症とは、加齢などにより脳細胞が死滅したり働きが低下することで、認知機能に障害が引き起こされる状態。最近の研究では、認知症のサインに気付き早期に見つけると症状を食い止められることがわかってきた。

 

30年以上にわたり認知症研究に取り組んでいる朝田隆先生によると、特に早い時期に気付いて努力することで、認知症の進行を止めることもできるという。そこで、実際に勧めたという改善法が、レコーディング法。たとえば、タクシーにスマホを忘れる、床暖房消し忘れなどのミスに対して、きょうのミスという欄を作って実際に記録する。ミスを記録し見返すことで同じミスを繰り返さなくなり、注意力がアップする。朝田先生によると、記憶力は訓練によって改善しないが、注意力や集中力は改善する。

このほかに、認知力アップデイケアに通って、頭を使った知的な刺激と運動との組み合わせが脳を活性化させる練習をしたりしている。

 

3年前に軽度認知障害と診断された、元記者の山本朋史さん。主治医の朝田隆先生は、レコーディング法というミスを記録し見返す方法を提案した。注意力がアップするという。毎日続けた結果、山本さんは些細なミスが劇的に減った。さらに山本さんは、脳を活性化させて認知症を予防するという認知力アップデイケアにも通っている。

                  』

認知症になるような高齢の方にでも効果があるのだから、まして脳細胞の働きの活発な若い小中高生に効かないはずがない、と思うのですがどうでしょうか?やってみてよ、続けて。

さらに、TOCは、学習力アップデイケアでもあります。

「直しノート」も、これからは「TOC式学習機能改善レコーディング法」と名称変更しようかな?(冗談笑)

じゃあ、また。

天気がいいので採集に!  ちょっと外に出てみたらNO.23

投稿日: 更新日:

この連休、天気がいいので久しぶりに黒田庄の山小屋に行くことにした。途中、西脇市の道の駅で弁当を買い、天神池のほとり鯉のぼりの下で昼ごはん。う~ん、うまい。

IMG_2536

久しぶりに見る我が小屋。遠景ではなかなか渋い。

まるで山の中のようだが、実際山の中。電気もガスも水道もない。まさに、これぞ(under my own )power with heart。夜は真っ暗。ランタンの明かりだけが頼り。昼は忘れるけどね。その昔、子供たちを連れて、友人家族たちも招いてよく遊んだ。わたしの手作りのログハウス。

ここから近くの沢を登って行く。

IMG_2540

まず、園芸で使う水苔を採集。分かりにくいが、右手の木の棒のあたりにこんもりとある。

IMG_2537

その後は、春恒例のワラビ採り。今年も大量に採れた。たけのこは1本。左端の方にゼンマイも。

何時間かかったかな。

img_2542.jpg

その後は、1人で生き物採集。なんか嬉しそうですね。

子供みたいと妻に言われたが、おじさん相手にもっと言葉を選んでください。

IMG_2541

まずはオニヤンマのヤゴ2匹。ため池でゲット。

次に、山を下る途中のクヌギの樹皮のめくれたところで、クワガタ2匹ゲット。右がコクワガタで左がネブトクワガタのオス。

田んぼの水たまりで、アマガエルのオスメスのペア。かわいかったので、持って帰ってしまった。

IMG_2560

最後に、用水路のたまりで、イモリが15匹。

img_2558.jpg

 

独りでよく遊びました。

じゃあ、また。